FC2ブログ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

石野田奈津代 


2008.12.20
Sat
06:15

大学受験のために、高校時代の冬休みを東京で過ごしたことが
ありました。
東京にしか私が目指す大学受験のための予備校がなかったから。
既に東京住まいをしていた兄のところに、居候していました。

吉祥寺駅の前で、ギターの弾き語りをしていた同じ年ぐらいの子。
透明感のある声で、普段は立ち止まらないのに、なぜかその声に
妙に耳を傾けてしまいました。
その後私は友達から彼女がデビューした話を聞きました。

再び彼女に出会ったのは昨日。
コンビニで雑誌を立ち読みしていたら、彼女の記事を目にしました。
再度メジャーデビューすることが決定したのだと書かれてありました。
私が知らない間に、彼女には色々なことがあったようでした。
デビュー、解雇、バンド活動、そして本名で再活動。
そして、やっぱり同い年だったんだなってことも知りました。

うまくいかないことばかりの日々だから
がんばることにもとっくに疲れ果てて
ただ幸せになりたいと待っていた
だけどクローバーは見つからない


彼女には「女性版リストラの星」なんていうネーミングがあります。
そう呼ばれることを、彼女自身がどう思っているのかはわかりません。
でも、真摯な言葉のひとつひとつが心の中に静かに沈み込んでくる
ような、そんな歌声。

同じ時代を、そして挫折を味わった人。

おかえりなさい。


石野田奈津代オフィシャルサイト


-- 続きを読む --
スポンサーサイト



category: 音楽あれこれ

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

ポンデライオン 


2008.08.17
Sun
19:42

BUMP OF CHICKENの歌に、『ダンデライオン』という歌が
あるんですが、なぜか私の中ではポンデライオンになって
いて、何度自分の頭の中で訂正しても口から出るのは
ポンデライオン。
大好きな曲なのに、なんでなんだかわかりませんが。

仕方ないから、ポンデライオン相方に買ってもらいました。
ミスドのキッズセットについてきます。
大人二人でキッズセットを頼むのには、多少の開き直りが
必要でしたけど気にしませんそんなの。

涙の理由を知ってるか
俺には分からないが
この心の 温かさが
そのまま 答えで良さそうだ


ポンデライオンは人気者だけど、ダンデライオンに出てくる
ライオンは嫌われ者。
唯一ライオンを怖がらなかったダンデライオン。

生と死の因果関係は、否応なしに感情を反応させますが、
哺乳類と植物という、決して相交えることのない関係が更に
世の中の薄ら寂しい冷酷さを象徴しているかのようで。
この歌詞を聞いて「良い歌だ」「泣く歌だ」と言う人間こそが
希薄で薄情になりつつあることを嘲笑してるかのように思え
てしまいました。

動物は絶対に何かを裏切ったりしないもの。
人間と違って。
命がけで守りたいものができた時に、この歌の意味が初めて
わかるような気がします。


-- 続きを読む --

category: 音楽あれこれ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

御堂筋PLANET 


2008.04.21
Mon
16:43

学生にとっての御堂筋と、働き出してからの御堂筋は、
自分が想像してる以上に随分違っていました。
若い頃はアレがほしいコレがほしいの憧れもあった場所。
働き出してからは職場になったもんだから大好きな場所な
だけでなく若干のストレスも抱える場所になって。

それが歌える、創れるってのは矢井田瞳ならではですね。

長い旅の記録を綴ろう 帰る場所が胸にあるから
淀川でからっぽになるまで笑った 戻らない日々
今度話そう 朝まで話そう 変わらぬルーツを確認しよう
あなたの世界に侵入してきた 矛盾を嘆こう


十三にあった私が通った予備校は、大手予備校の市内への
進出についていけず2006年廃校になりました。
阪急百貨店の建て替えが最盛期、フコク生命ビルも建て替え
北地区の開発が本格化しようとしています。

徐々に変わっているから、目で見る景色は毎日変わらない
はずなのに、色だけ変わった感じ。

レトロな街並みが好きだったんですけど、きっと新しくなっても
私があの街を好きであることは、一生変わることはないんだろう
と思います。


category: 音楽あれこれ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

嫁とロック 


2008.04.20
Sun
10:21

それでも好きだぜロケンロー!嫁の次に!
それでも最高ロケンロー!嫁の次に!
嫁は嫁は嫁はMISIAが好き!


まさに現代の男性陣の気持ちを代弁してる曲です。
私は女子なので、こう思われてんだな~ってぐらいにしか
絶対的に思えないですが、「嫁の次に」ってところに一抹の
気遣いを感じられて、深く考えたら若干ムカつく仕上がりの
曲なのかもしらんねと、思うわけです。

一言でそう思わせるってのは、クドカンすごい感性ですね。


グループ魂、結成当時から大好きです。
阿部サダヲさんが
「破れるに壊れると書いて破壊です!」
と言うたびに胸キュンです。
劇団大人計画の奥の深さを感じますヨ。

ちなみにジャケットは岡江久美子さんです。
ナニ?貞淑な妻だった(過去形)代表?
今絶対違うもんネ、はなまる見てたらネ。


-- 続きを読む --

category: 音楽あれこれ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

「才脳人応援歌」 


2008.04.17
Thu
07:32

挫折を経験した人なら絶対じんわりクル曲だと思いました。
HMVで流れていた時に、思わず立ち止まって聴き入って
しまったほど、私の中に入り込んだ曲です。

前々からやわらかい声でサクサク物を切るような歌詞を書く
人達だわねと思ってたBUMP OF CHICKEN。

大切な夢があった事 今じゃもう忘れたいのは
それを本当に叶えても金にならないから


そうなのよ、お金になんないから現実を選ぶんです。
だって、じゃなきゃ生きていけませんから。
でも心の片隅に「本当にしたいことはこれじゃない」って言い訳
がましくいつまでもその気持ちを捨てきれてないから、だから
図星をつかれてドキッとするわけです。
じゃあやればいいじゃないかって言う自分もいるんですけどね?
何故かそこには蓋をして見ないようにしてしまいます。
いつの間にか大人になって、現実しか見なくなってる自分すら
イヤになっちゃって、ぐるぐる同じとこまわってるわけです。
ほっといてちょうだいよって思うんですが、耳について離れません。

死にたくなるよ なるだけだけど

思わず口ずさんでしまうほど頭の中でヘヴィーローテーションなの
ですが、困ったことに、頑張らなきゃとか思う時に限ってなかなか
脳内ヘヴィロテにならなくて、たいして落ち込んでるわけでもなく
今日も一日能天気って日に限ってヘヴィロテ。

雨だからですかね?


-- 続きを読む --

category: 音楽あれこれ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top